フリーランスになるメリット

会社員として企業で働いていても、仕事の量や内容に対しての対価、つまり給料が見合わないと考えている人は多いです。しかも、会社員として働いている限り、自分の技量に関係なく、与えらた仕事をこなさなければならないですし、自分がやりたい仕事内容とは乖離しているということは多々あることです。それに、自分がいくら高度な技術を持っていたとしても、それに見合った仕事内容とは限らず、不満を抱えている人も多いでしょう。そういうミスマッチを抱えている人は、フリーランスとして活躍したいと考えることは当然のことともいえます。

確かに、フリーランスならば、仕事の内容は自分で選ぶことができます。自分の技量に見合った仕事や、自分の志向する方向性に近い仕事を選んでできるというのは、最大のメリットです。給料はもちろん、自分次第ではありますが、稼ぎたいだけ稼ぐことができて、自分で仕事量も調整できるところは、フリーランスならではの働き方ということになります。しかし、そういうメリットを最大限に引き出すためには、フリーランスにしかない苦労もあるわけです。

例えば、仕事の契約を取り付けるための営業力も、フリーランスには必要となるところが、自分の仕事だけしたらいい会社員とは大きく異なることです。ですから、自分の努力と実力次第で最大限の結果が得られる一方で、その力量がない場合には、リスクが大きくなってしまうというのが、フリーという立場になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *