フリーランスにはセルフマネジメントが必要です

フリーランスとして独立開業する際には、セルフマネジメント能力が備わっていることが重要です。会社員とは違い、全ての仕事を個人で行なう必要があるので、時間・お金・心のマネージメントをしっかり行わないと、挫折や失敗をしてしまうでしょう。自由な分だけいくらでも怠けることが出来るので、自身の性格を知ることも大切です。フリーランスの仕事は、1つの案件だけに注力すると失敗をしてしまうリスクが増えます。

複数の案件を常に受注して並行した仕事を行なうことが、安定性確保にも必要です。しかし、時間管理が出来ていないと、受けた仕事の納期に間に合わずに損害賠償が発生してしまうリスクも孕んでいます。だからこそ、時間管理はフリーランスにとって重要となるわけです。お金の管理については、仕事を受注してから作業をし、納品完了後に入金されるまでにタイムラグが発生することを把握しておく必要があります。

会社員ならば、会社側で入出金を管理しますが、フリーランスは全て個人で行なうことになるので、仕事を受注するために必要な経費と入金までの運転資金を確保することが求められているわけです。心のマネージメントを怠ると、生産性が上がらない状況が生まれます。フリーランスにとっては、評価してもらえるのはクライアントのみですから、上司から褒められたりといった機会が無くなります。クライアントは、納品結果に対して本心から評価を与えるものではなく、あくまでもビジネス上の社交辞令程度の評価が得られる程度です。

自己管理能力を鍛えておかなければ、いつの間にか仕事の受注量が減って収入まで落ち込む結果となりかねないので、セルフマネジメントは重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *