フリーランスにとって税務処理は必須です

独立開業してフリーランスとなった後には、税務処理も自分で行なう必要があります。所得税だけでなく、事業税や消費税に関しても処理する必要があるために、帳簿付けは必須と言えるでしょう。最低限の帳簿付けさえ覚えてしまえば、実際の会計処理は外部の専門家へ委託することも可能です。フリーランスになって忘れがちなこととして、会社員時代とは税金の収め方が真逆という点に注意が必要です。

会社員は源泉徴収制度により、所得税は前払いが基本ですが、フリーランスでは毎年2月中旬から3月中旬にかけての期間に申告作業が必要となり、後から納税する仕組みが採用されています。後から慌てて税金として納めるお金が不足しないように、事前に税金分を確保しておかなければなりません。フリーランスになってから数年間は、税務処理に毎年苦戦しがちですが、慣れてしまえば自分で会計ソフトを使った申告書類の作成を行った方が、経営力を磨けます。お金の流れを常にチェック出来る状態になれば、生活に必要な仕事量としてどのくらい受ければ良いのかが分かるようになるので、休日が取れないほど仕事を抱えてしまうケースを減らせるでしょう。

フリーランスにとって、自らが過労で倒れてしまうと生活自体が成り立たなくなってしまうので、しっかりと管理をしておかなければなりません。自己管理能力を高めることこそが、独立開業後に求められる必須能力と考えられます。断る仕事の判断を思い切って出来るようになれば、経営は安定するでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *