フリーランスとして働くための心得とは

フリーランスとして働くのであれば、自分からいかに仕事をもらうのかという点での心得が必要です。会社員であれば仕事は与えられるのが当然なので、独立したとたんに仕事が確保できずに困る人が多くいます。高い技術さえ持っていれば、自然と仕事は入ると思う人も割と多いものです。会社員の頃には取引先に高く評価されていたとしても、独立すると話は変わります。

フリーランスは会社というバックボーンが無くなるので、信用力が無くなるのです。きちんと納期が守られるのか、品質はしっかりと確保されるのかなどといった点で安心させるだけの実績が求められるというわけです。つまり独立して当面の間は、この信用力を高めるための活動が必要になるというわけです。もし会社員の頃に副業などで実績を作っていたならば、スムーズに仕事もクライアントも確保できるようになります。

またフリーランスは、ひとつの仕事が完了して初めて報酬を得ることになります。つまりそれまでの間は無収入となるので、何かしらの対策が必要です。例えば複数の案件を手がけて、報酬を得る時期をずらすといった工夫をするとことになります。そして仕事の単価をどのように上げていくのかも課題と言えます。

当面の実績作りでは、安い単価でも仕事を受けることになります。けれども生活費を稼ぐためには、いずれ単価を上げてもらう交渉が必要になります。そのためにはしっかりと、自分のブランディングをしておくことが大事です。給与の日払いシステムのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *