給与の前払いをしてもらう方法

「日々働いてはいるけれど、どうしても今すぐ給料が欲しい、でも給料日はまだ遠い」という経験は、社会人が一度はするような経験です。実は、そのような方のために、勤めている企業側から給与を前払いしてもらう方法が存在します。それは、給与前払いシステムを利用するという方法です。給与前払いサービスというのは複数の企業から提供されていて、まず初めに従業員は、それらの中から一つのサービスに登録します。

最終的に企業側から支払われる形にはなりますが、基本的にサービス会社が登録日時から日数に応じた前払いできる給与額が算出され、申請するとサービス会社の方から支払われるという形です。企業側は、サービス会社が立て替えた金額を支払うことで、手続きが全て終了となります。このままだとサービス会社の利益が出ないので、従業員側に支払われる前払い分の給与から、数パーセントの手数料がかかる点は留意しておきましょう。一つ注意すべき点として、このシステムを利用するためには、勤めている企業がサービス会社と提携しておく必要があります。

そのため、従業員が勝手に給料日前の支払いを申請しようとしても、そもそも支給される給料が算出されることもないので、事前に給料が支給されることはありません。確認する方法は様々ですが、多くの場合は福利厚生の一つとして企業側が紹介しています。もし紹介されていない場合、先輩社員や社内の部署で聞いてみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *