給与の前払いは外部委託で簡単に導入できる

現在、ビジネスの世界ではさまざまなアウトソーシングサービスが普及しており、企業等は定例的な事務などを外部委託することにより、効率化を図ることができるようになっています。給与の計算や支払いなどもそうした委託可能な事務の1つに数えられていますが、近年ではさらなる付加価値を持ったアウトソーシングサービスもあります。その筆頭として挙げられるのが、給与の前払いです。前払いとは、本来ならば毎月1回、決められた日にしか支払われない給与を、従業員からの申し出に応じて随時払いを可能にするというものです。

従業員にしてみれば、生活費などが必要になった時はいつでも自由に労働の対価を受け取れるため、非常に利便性の高い制度となっています。従業員満足度の向上につながるという意味で企業側にもメリットのあるこの制度ですが、導入するとなると当然ながら計算・支給回数が増えるため、それにつれて事務量も増加します。そこでアウトソーシング事業者の中には、この業務をそっくり代行できるサービスを提供するところが現れてきました。前払いを希望するのは若年層が多いため、多くのアウトソーシングサービスもそれに合わせて、スマートフォンのアプリケーションを使って手続きが行えるように設計されています。

アプリを通して前払いを希望する旨の申し出を行うと、企業から報告を受けている稼働実績や日給・時給単価などに基づいて支払い可能額を計算し、折り返し連絡します。従業員が希望額を返信すると、あらかじめ指定した金融機関口座に振り込まれるというのが標準的な仕組みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *