給与の前払い導入で比較したいポイント

給与の前払いシステムは、勤怠管理とセットに導入することも可能です。普通はこうしたサービスを利用するのならコストが大きくかかることも少なくないですが、給与前払いシステムの中には、無料で使えるものもあります。無料の場合は従業員の負担になりますが、負担といっても数百円程度が利用ごとにかかるだけなので、そこまで大きな負担を強いる訳ではありません。したがって、導入費用をかけたくないのならば、初期費用や月額利用料が少ないサービスを選ぶのもおすすめです。

逆に余裕があるなら企業側の負担になった方が従業員の負担ゼロにできて、より魅力的に感じてもらえますので、ある程度の持ち出しがあるサービスを選んだ方が良いです。給与前払いのサービスによっては審査があることもあります。立て替え払いのケースでは、サービス提供会社が支出するので、後できちんと精算できるかが重要視されます。逆に、一定の金額をプールさせる仕組みの場合は、それが担保となっているのであまり厳しく審査されない傾向にありますので、選ぶ時の考慮要素にすると良いでしょう。

何十ものサービスがあるので迷うところですが、負担をどうするのか、使い勝手は良いのかなどを考えていけば選べるはずです。対応する銀行も多い方が利用者にとっては使いやすいです。対応していない口座しか持っていないと新たに作る必要があって手間になるので、そうした事情も合わせて考えれば絞りこめるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *