給与を日払いでもらう方法

給与を日払いでもらう方法は、会社によって様々です。

前提条件として、日払いの制度を会社が用意している必要があります。「前払いサービス」「速払いサービス」など呼び方は様々です。とにかく、福利厚生として会社が給与前払いのサービスを導入していないといけません。日本では月給制が基本なので、基本的には給料日にならないと給料が振込されることはありません。例外的に、福利厚生として会社が前払いサービスなどを導入している場合には、給料日よりも前に給料を受け取れるということです。

前払いサービスの利用方法ですが、サービスによって異なります。専用のWEBサイトから申し込みをする・スマートフォンのアプリで申し込みをするなど、基本的にはオンラインで申し込みをします。上司などに直接申請するようにしてしまうと、心理的なハードルがあるので申し込みにくいです。借金ではないので審査はありません。申し込みをしたら早ければ即日でお金が振り込まれます。平日15時以降は銀行が営業していないので、翌平日となることには注意しましょう。手数料は会社側が負担しているケースもありますが、どちらかといえば従業員負担のケースのほうが多いと思われます。手数料の相場は、3%~6%程度です。年利に換算すると36%~72%ですので、これは消費者金融を利用した場合の利息よりも高額になっています。給与日払いをあまり利用しすぎるとかえって貧困になってしまうので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *