給与前払いは誰もが使いやすいシステムがいい

給与前払いサービスを導入するときにポイントとなるのが、誰でも使いやすいシステムかどうかです。

企業と従業員が使うシステムなのでそれぞれ使いやすいと感じることが大事で、従業員のために申請画面がわかりやすくてパソコン以外にスマホなどモバイルでも支払いの申請が出来るかも調べます。

企業は経理担当者が手間をかけることがないかも確認し、これまで使ってきた勤怠管理データと連携や従業員への手順の説明が簡単かどうかは重要な部分です。担当社員の工数増減に繋がることなので、これは事前に確認しておく必要があります。また、これまでの給与支払いルールの変更がない手順で運用が出来るかも大事です。給与前払いサービスの利用料金は、サービスの導入費を企業が負担する場合と従業員が負担する2つの選択があります。

大体のサービスでは導入費用と月額料金は0円ですが、これは従業員が費用を負担する形です。前払いで給与を受けるときに従業員が支払う手数料で利益を得てます。次に導入した企業が費用を負担するときは、従業員はサービス手数料が不要になりますが、かわりに企業が初期費用や月額費用を払います。どちらも良い面と悪い面があるので導入目的にあわせて選んだほうがいいです。このサービスは銀行口座へ賃金が振り込まれて、従業員が口座から賃金を引き落とすことで成立します。ただ、利用出来る銀行の数と使えるATMの数が少ないと導入しても不便です。導入で新しい口座開設が不要かや、コンビニATMにも対応可能かなどをチェックし、使えるATMが多いと求人でも良いアピールが出来ます。
給与の前払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *