若手の離職防止に対する取り組み

若手社員の離職率が上昇傾向にありますが、最近では終身雇用制度という概念も薄れてきていますので、より自分に合った職場を求めて仕事を変えるのは自然な流れとなっています。

しかし、せっかく採用した社員がようやく育ってきた頃に辞めてしまうのは会社にとって大きな損失ですし人手不足の原因にもなりますので、回避するために離職防止策を講じなければなりません。必要な策を洗い出し、その中ですぐに実践できることがあれば始めます。仕事に向いていないと感じることが若手の離職につながるケースが多く、実際に業務を遂行するための適性が不足しているケースもあります。このような場合の離職防止策としては、社内で別の業務を試してもらい、向いている仕事を探す作業が必要です。同じ会社の中にも様々な業務があり、その中でマッチするものがあれば続けることができます。

一つの業務を試しただけで諦めてしまうのは勿体ないことですので、複数の業務を試せるように社内体制を構築する必要があります。人間関係も、若手社員の悩みとしてよく挙げられます。人間関係が上手くいかないと仕事にも身が入らず成果が出せなくて会社に居辛くなることも少なくありません。社内の風通しを良くして社員が気持ち良く働けるように、時々面談をしたり悩みを相談できるような窓口を作ることも離職防止につながりますし、辞めるほどではなくても悩んでいることがあればいつでも相談できるというのは心強いものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *