離職防止にはこまめな目配りが必要

仕事に就いた社員が突然辞めてしまったり、仕事が続けないまま短期で離れてしまうことは少なくありません。

会社にとって、仕事を覚えてもらう期間のコストが負担になるだけでなく、新しい社員を探す必要も出てきます。また、離職率が高いとそれだけ業界内での信頼にも響いてしまいます。離職防止のためには、必要以上に指示を出したり鼓舞したりするのは逆効果です。離職防止には、押さえておくべきポイントがあります。給与体系や職務時間だけではなく、社員に対してこまめな目配りを心がけましょう精神的な負担は離職の大きなきっかけになるので、離職防止のためにも社員のメンタルに注意することがポイントです。ただし、配慮しすぎると管理職の負担にもなってしまいます。

また、社員の私生活に踏み込み過ぎると逆効果になりかねません。そこで、仕事具合から社員の状況を見定めることが必要になります。仕事にミスが続いたり、やる気が無いように見える社員がいたら、注意するだけでなく仕事の進捗状況についてさり気なく聞いて尋ねてみましょう。仕事がプレッシャーになっていたり、必要以上に量を抱えこんでいた場合は、他の社員に振り分けたりバランスを調整する配慮が必要になります。また、体調面にも配慮してください。離職防止に務めることは、長い目で見れば会社の利益にもなります。社員にとってもモチベーションが上がる環境づくりにつながるので、取り組んでみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *