主な退職理由から考える離職防止策

体力理由で多いのが、待遇面への不満です。

待遇面は会社から受ける評価と比例しますので、給与が安いと評価されていないと感じてしまい、仕事にも力が入らなくなります。ですから、離職防止を考えるのなら給与面の見直しが必要ですが、会社の状況によっては給与を上げることが難しいケースもあります。実際に給与をアップすることが難しくても、何かのタイミングで報奨金を与える等のやる気を引き出すような策を講じていれば、従業員は自然とやる気になってそれ以上の評価をもらおうとするはずです。労働時間に関する不満では、できるだけ休日出勤を減らして残業にも制限をかけることが有効です。労働時間が長すぎるとプライベートの時間が減り、精神的に追い詰められる人もいます。

プライベートを充実させることで心身共に健やかな状態で業務に臨めるようになるため、離職防止策としては労働時間を減らすことを考えることが重要です。行っている業務は職場の人間関係等に対してストレスを抱えているかを探ることも離職防止になりますが、聞き取りをして打ち明けてくれるかは従業員の性格によって異なります。上手く悩みを聞き出すために必要なのは話しやすい環境を作ることであり、担当者選びも大事になりますので、皆に慕われるような人物を担当者に選出しましょう。また、相談した内容は本人が望まない限りは外部に漏らさず、相談窓口内のみで取り扱えるように約束しておくことも、安心して打ち明けられる材料になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *