帰属意識を高めることが離職防止に

社内での自分の役割があいまいで本当に必要とされているのかが分からない場合には、ずっと続けていてもきちんと評価されたり昇進できるのかが不安になります。

従業員がこのような不安を抱えるのは、会社側がきちんと役割を伝えられていないためであり、役割を示すことで責任感も生まれます。責任感が出てくればより良い仕事をしようという意欲にもつながり、それが帰属意識を高めて離職防止策となることは、これまでの多くの例が示している事実です。帰属意識を高めて離職防止につなげるために大事なのは、会社で起こっている問題に関して共通の認識を持つことです。一部の人たちだけで解決しようと動いていると、それ以外の人たちはいつまで経っても問題の内容を把握できませんし、自分のことと捉えられません。皆で問題を認識したら、次に話し合って解決策を模索し、解決するための行動やステップに関して確認します。

同じルールで動くことにすれば、お互いをチェックし合えますので当事者意識も高まるはずです。成果を出すためには、双方向のフォローアップも欠かせません。フォローアップをしていくうちに他の社員との関係性も良くなり、お互いの考えを深く理解できるようになります。社員同士が理解を深めることで会社への愛着も生まれて、居心地の良い空間が作られます。離職防止策と言ってもすぐにできる方法ですので、給与面や勤務時間の見直しを早急に行うのが難しい場合には、役割分担をきちんとしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *