離職防止対策を行おう

新入社員を一括採用で大量に人材を確保しても、すぐに転職などでいなくなってしまっては新入社員教育などにかけた費用が勿体なく、人材も安定しません。

優秀な人材をしっかり一定数を確保しておくためには、離職防止の対策を行う必要があるでしょう。離職防止対策として、どのような内容が思い付くでしょうか。社内制度を充実させて、産休や育休を取りやすくしたり有休消化を目指すような企業もあるでしょうし、残魚をなるべく減らせるような取組の工夫をする場合もあるかもしれません。それ以外にも社内の雰囲気を良くするために、運動会や社内交流会を実施したりパーティーなどを催す場合もあります。仕事とは別の楽しいオフの時間を共有することで、仕事では厳格な上司の優しい一面を見ることが出来たり相談できる先輩を見つけられたりします。

しかし、パーティーなどのイベントごとは準備にも時間とお金がかかり労力がいるのと、人によってはそういった大勢が集まる場所が苦手だという人もいます。そんな人には、イベントは離職防止に役立たない可能性があります。そういった様々な人に対する施策として有効なのは、顔と名前を覚えるということです。誰でも顔と名前を覚えてもらえているというのは、嬉しくモチベーションが上がります。一人一人の社員の顔と名前が一致出来るような、顔写真を一覧にしたり新入社員の紹介動画を社内のモニターで流すといった簡易的な施策でも、離職防止対策となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *