離職防止は企業にとって重大な経営課題です

日本では少子化の影響もあり、労働人口が減少に転じ、業界・業種によって人手不足が偏在化しています。

こうした傾向はジワジワと各種業界に拡大しつつあります。そんな中で、大卒の30%が3年以内に転職するとも言われています。費用を掛けて採用し、教育訓練を施して戦略となった従業員が離職する事は、企業にとって大きな経営損失であり、人手不足により企業の成長性が阻害される懸念もあるのです。従って若い世代のみならず、全ての従業員の離職防止策を講じる事が重大な経営課題と言えるのです。従業員が転職を考える事無く、その会社で働き続けるようにするためには、賃金が高ければ良いと言うものではありません。

会社の将来性や経営者のスタンス、キャリアアップの機会や教育訓練、仕事の量と質、人間関係や企業風土、ワークライフバランス等、色々な要素が絡んでいるのです。しかも、その各要素をどれだけ重視するかが従業員個人により異なるのです。これが離職防止策の難しい点と言えます。また会社の経営者や管理職は、その会社で長く勤務している事が多く、自社の課題が中々見えにくいという点も一層難しいものとしているのです。従って、自社の経営総点検とも言える離職防止策の構築には、経験豊富な経営コンサルタント等の外部の目や意見も入れて、早期に経営システム全体を点検し、対策を講じる事が重要と言えます。課題のあるまま放置していると、人材不足により経営が行き詰る事さえ考えられるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *