離職防止の重要性について

優秀な人材を確保することは、事業の成長に欠かせません。

その事実は、多くの企業が採用活動に力を入れていることからも証明されていると言えるでしょう。しかし、採用活動を行う際に忘れてはいけない数字に「離職率」があります。この離職率というのは、人材のその企業への定着しやすさを表す数字であり、その数字が大きければ大きいほど採用活動で確保したはずの優秀な人材が結局企業に定着していないということがわかります。そのような離職率が低い企業がまずすべきことは、採用活動の強化ではなく離職防止と言えるでしょう。そのような離職防止に取り組むにあたってまずすべきことは、離職する原因を探る、というものです。多くの従業員が退職を決める原因は非常にさまざまです。給与水準の低さへの不満から離職を考える場合もありますが、人間関係の悪化や今の仕事に興味が持てない場合などもあることでしょう。

このうち人間関係のトラブルについては早期に問題を把握することで十分に解決が見込めるものになります。ただ、その際にはコミュニケーションを取りやすい環境があって初めてその問題把握が可能です。つまり、その観点から見るといずれの問題の改善においても職場環境や労働条件の改善に時間を割き、投資する必要性があります。しかし、職場環境や労働条件は一朝一夕で改選できるものではありません。そのため、離職防止に取り組むにあたっては長期的に本腰を入れて取り組むことが重要です。すぐに成果が出なくとも、その投資が将来的な大きな利益につながることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *