人材を確保するための離職防止策

離職防止策とは、社員が退職しないように企業が講じるさまざまな施策のことです。

たとえば、社員の給与を上げたり職場の設備を増強して働きやすくしたりといったことが離職防止策です。また、有給休暇が取得しやすい制度を設けたり福利厚生を充実させたりすることも有効な対策と考えられます。企業がこのような離職防止策を検討し実施する理由は、優秀な人材が他社に流出して働き手が不足する事態を防ぐためです。数年かけて育成した人材が退職してしまうと、それまで投資した時間・労力が無駄になってしまいます。専門性の高い技術職の場合などは他社にその技術が渡ってしまう恐れもあり、企業としては大きな損失となります。

他にも、離職した社員の補充のために新たに採用活動をする必要が生じたり、退職する社員が多いと担当者が変更したことによるミスが多発したりと多くのデメリットがあります。このような事態を発生させないためにも、現在居る人材を確保する必要があるわけですが、注意しなければいけないのは自社に適合した離職防止策を考えるということです。社員が興味の無い施策をいくら行っても、それは過剰な投資となり無駄な出費となりかねません。適切な施策を行うためには、まず社員に現状に不満が無いかなど細かくヒアリングすることからはじめるのが重要です。そして、そうしたコミュニケーションを管理職と部下の間で綿密かつ柔軟に交わすことも、1つの離職防止策となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *