キャリアアップを支援して離職防止

仕事をしていると、本当にこのままの状態で続けても大丈夫なのかと不安になることがあります。

特に入社当時から成長している実感を持てない人は、迷いを感じて退職が常に頭の片隅にある状態です。離職防止として大事なのは、仕事と人材のミスマッチを防いで適材適所を心掛けることです。一つの業務に向いていなくても、別の業務には向いているかもしれませんので、丁寧に模索していくことが求められます。マッチする業務を探すことは人によっては根気の居る作業ですが、その後のキャリアプランを大きく左右しますので妥協してはいけません。ある程度のキャリアがあればその先を自分なりに決めることも可能ですが、若手の場合には選択肢を示したり向いているものを探すための手助けやコーチングが必要です。密なやり取りをしていくうちに先輩社員から吸収できることもありますし、相談しやすい環境が作られます。

気軽に相談できることは離職防止に非常に有効であり、働きやすさを決めるポイントにもなります。スキルが身についてきたら、今度はその人が同じように若手社員をフォローしてくれますので、良い循環が生まれることもプラスの要素です。離職防止策を新たに始めようとしている時には、このようなキャリアアップに関する支援を全体で行っていくのがお勧めです。スキルや知識が身について自信が持てるようになると会社にも良い結果を生み出しますし、業務効率を高めることにもつながり一石二鳥です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *